看護師は夜勤手当で給料が高くなる?

看護師の給料は、夜勤手当があってこそ高額になります。

 

一般的に人が眠る時間に仕事をしているのですから当然過酷な環境に見合っている、もしくはもっともらってもいいのではないか?と感じている看護師さんもいらっしゃるのが現状です。

 

夜勤の勤務形態は、準夜勤、深夜勤といったものがあります。
病院によって2交替制、3交替制をとっており、

 

2交替制の場合、日勤、深夜勤の2回交替
3交替制の場合、日勤、準夜勤、深夜勤

 

という内容になっています。

 

 

夜勤手当の平均金額は?

 

気になる手当の平均金額ですが、正看護師の準夜勤が約4000円、夜勤が約6000円程のようです。
これは勤務する医療施設によりかなり差があるので、この数字は参考までにと考えて下さい。

 

なかには一度に30000円も出るところがありますが、それは稀なケースです。
形態によっては、12時間以上の勤務もありますし、更に次の交替のための「申し送り」をまとめているうちに残業が重なってしまうこともあります。
そういった面から見ても、夜勤手当の増額を望む看護師さんが多いことが頷けます。

 

大抵の日勤は朝から日中、準夜勤は夕方から深夜までですが、夜勤は深夜から翌朝までということがほとんどで、まさに昼夜逆転で一生懸命働かなくてはなりません。

 

また、看護師不足による勤務体制のため、猫の手も借りたいほど忙しい病院にとっては大切な人材ですが、やむを得ず長時間の勤務を強いてしまうこともあります。
ただし、夜勤は3交替で8回、2交替で4回という制限があるということが救いのようです。
今後、さまざまな制度が敷かれることで、もしかしたらよりよい職場環境が築けるかもしれませんが、今のところは辛抱が必要のようです。

 

そこで、看護師となったら、健康管理や時間のやりくりの工夫が重要になってきます。
日勤の後、その日の夜勤に参加、といった休日というよりは長い休憩のような空き時間で次の勤務に入らなければならないこともよくあります。
自分でしっかりと体調管理を行って、次の勤務に備えることが重要です。

 

せっかく看護師になったのなら、辛くても次の転職先を考えることは避けたいですよね。
その為にも、順応する工夫をして仕事にメリハリを付けることが大切のようです。

 

 

そのほかの手当について

 

主な手当を個別に紹介すると、

 

・看護師資格手当
・役職手当
・危険手当
・通勤手当
・住宅手当
・割増手当(時間外・休日労働・深夜労働)
・皆勤手当
・育児手当

 

などが、基本給に加えて月々の給料として支給されます。

 

看護師の資格手当は、給料の基本給部分で正准看護師の差別化を図るのに加味されます。正看護師と准看護師では仕事内容に差はありませんが、正看護師のほうがより深い知識を有するものとして、准看護師と区別されます。正看護師の国家資格に対する手当といえます。

 

役職手当は、看護師長や主任といった各役職に対する手当です。責任も重大で、現場をとりまとめるなど仕事の高度化に対し、給料に付加されます。
危険手当は精神科や放射線科、その他看護師の職務上危険が伴うと判断された場合に付けられますが、これらは各医療機関の規定によるところがあるようです。

 

通勤手当の支給は法律で明文化されていませんが、大体の医療機関で設けられている認知度の高い手当です。給料と一緒に支給されるところがほとんどのようですが、所得とは違うので一定金額までは非課税になります。
住宅手当は家賃補助の手当ですが、家賃の何%か、あるいは一定額が定められていることが多いようです。医療機関それぞれで金額や割合が決められていることが多いので、就業規則や給料規定を確認することが大切です。

 

時間外労働、いわゆる残業や休日出勤、深夜労働についての手当ですが、これらは労働基準法で支給が定められています。法定労働時間の8時間を越える場合は25%の割増賃金を支給することが義務づけられています。
22時から翌朝5時までの労働は法律で深夜労働と定められているので、この時間帯の賃金は25%以上の割増になります。看護師の夜勤手当がこれに当たりますが、夜勤手当の場合、各医療機関により定額いくらと定められていることが多いようです。

 

ほかに給料に含まれる手当としては、皆勤手当や育児手当があるようですが、これらはそれぞれの職場によって任意で設けられている手当のようです。このほかにも独自の手当があるかもしれません。給料明細や就業規則・給料規定などを確認しておくのがいいでしょう。