看護主任や看護師長に出世して役職手当をもらう

看護師の得る給料の中に、役職手当というものがあります。出世して役職がつけば、それに応じて仕事も大変になりますが、その分給料がアップしていくのです。

 

看護師の役職には、総看護師長、看護師長、主任とあります。各病院によっても当然違いがあるのですが、大体勤続十年を数えるくらいで、主任となることができるようです。各役職の責任に応じた役職手当が設けられ、給料に付加されます。

 

ひとつずつ大まかに見ていくと、

 

主任

現場で働く看護師の意見をまとめ職場改善に努めたり、職場内で助言をしたり指導をしたりと、看護師長の仕事の補佐をします。主任という役職から、役職手当が付いて給料が支給されることになります。

 

看護師長

各科に一人、配置されているのが一般的です。病棟の管理運営や他科との情報交換、新人看護師の教育など病棟をとりまとめる仕事をします。患者の家族に対してのケアや、対外的にも責任を負うことになります。

 

総看護師長

看護師長のさらに上の役職になり、現場のトップです。看護師の人事採用から、病院全体の看護方針や看護計画の立案など、総合的見地から現場を眺めて運営・管理する仕事を担います。

 

役職手当は月額いくらくらい?

 

これらの役職につくと、役職手当が支給され給料にプラスされます。地域差や病院の規模にもよりますが、主任では2万円から5万円、看護師長では4万円から8万円、総看護師長になると10万円前後の手当がつく、といったこともあるようです。

 

どの役職もそれぞれの単位で現場を取りまとめ、管理する業務が主になってきます。給料が上がるのは良いことですが、仕事内容は当然それに見合ったものへと高度化します。これまでは看護師個人として仕事に取り組んでいたのが、他の看護師の仕事も見つめ職場作りに関わらなくてはならないのです。

 

主任であれば現場管理の仕事もしながら、看護師として本来の仕事もこなすことになるので、夜勤手当もつき給料は上昇しますが心身の疲労に気をつけなくてはならないでしょう。看護師長以上になると管理職ですから時間外手当がつかなくなり、夜勤も減ります。ややもすると給料は下降線を辿る場合もあるようですが、同じ看護師のために仕事をする喜びは、ときに手当以上の充実をもたらすのではないでしょうか。

 

 

還暦 プレゼントを販売するお祝い用贈り物販売・ギフト通販専門の鈴廣ショッピングサイト
http://www.kamaboko.com/oiwai/

 

 

コンサルティング会社に依頼して専門のコンサルタントに課題解決してもらうならこちらのサイトがおすすめです。
http://jp.abeam.com/

 

 

サカナのちからA forアスリートは、スタミナ補給・リカバリーのためのアミノ酸 サプリです。